肉を使ってスタミナのある料理を作る

肉にはたくさんの種類があり、その種類によって部位もいろいろとあります。肉料理をするときにはレシピにあった種類や部位のものを選んで購入します。スーパーで購入できるものもありますが、専門店や大型スーパーなどでしか購入することができないものもあります。牛肉のタンと通販の仕方は専門店や大型のスーパーなどのホームページから調べて購入することができます。

肉を食べるとスタミナがつくといいますが、スタミナに効果がある料理もたくさんあります。
牛肉のしぐれ冷しうどんはしっかりとスタミナをつけることができるうどんなのでおすすめです。材料は8人分で、うどん8人分、温泉卵8個、大根2分の1本、牛の薄切り550グラムくらいです。味付けの材料に300ミリリットル、砂糖大さじ4、みりん大さじ4、しょうゆ大さじ3、酒大さじ3です。他には、めんつゆ8人分を少し濃いめに希釈したもの、天かす適量、小口切りした小ねぎ大さじ4くらい、おろし生姜を適宜です。
まずはじめに大量の大根おろしをすりおろしておきます。おろした大根の汁は味見をして辛いときは少し搾って汁は捨てます。甘めの時は味として生かします。大きな鍋に8人数分のうどんを茹でるための湯を沸かし、同時に温泉卵も作り始めてちょうどいい茹で加減で冷まします。牛肉を食べやすい大きさに切ります。肉の味付けの調味料をすべて合わせておきます。鍋に牛の薄切りを入れて軽く炒め、色が少し白っぽくなってきたら合わせた調味料を加えて、少し煮て赤みが残っているくらいで火を止めます。フタをして余熱で火を通すと肉が固くなりにくいのでほんの少し赤みが残っている状態でもいいです。
うどん用の湯が沸いたら8人分のうどんを茹で始め、その間にめんつゆを濃いめに希釈したものを作ります。それを氷を入れてお出汁として冷やしておきます。小ネギの小口切りを切り、うどんが時間通り茹であがったらザルにとり、流水で洗いぬめりをとります。すっかり冷たくなったらザルにあげて水気をよく切っておきましょう。8人分の器を用意してうどんを均等に入れ、そこに大根おろしを乗せ、煮含めた牛の薄切りを肉汁ごと盛り付け、真ん中に温泉卵を割り入れて、天かす、小ネギの小口切り、すりおろし生姜を添えて出来上がりです。

スタミナをしっかりとつけることができるような料理はいろいろとあるので自分の好みのものを作るといいです。おいしくてたくさん食べられるものを作って冷凍保存しておくという人もいます。にんにくなどを加えて牛しぐれを作り、長期保存することもできます。何を仕入れる?とり皮は高カロリー?焼鳥で人気の部位ランキングもためになりますね。
スタミナに効果があるレシピをいくつか探しておくといいです。