肉と幸せホルモン、セロトニンの関係

疲れたり落ち込んだとき、とても肉が食べたくなることがありますが、肉には本当に体も心も元気にしてくれる効果があるのです。牛や豚肉には必須アミノ酸のトリプトファンが多く含まれており、トリプトファンは幸せホルモンと呼ばれる神経伝達物質のセロトニンを生成するのです。ノルアドレナリンやドーパミンとともに3大神経伝達物質とされる成分で、ドーパミンは喜びや快楽、ノルアドレナリンは興奮や恐怖を司り、そしてセロトニンには心のバランスを整え、ストレスを減らす働きがあるといわれます。

セロトニンは、体と心にさまざまな健康効果をもたらします。腸のぜん動運動を促すことで消化を助け、交感神経に働きかけ気分や感情をコントロールすることでストレスを軽減し、心をリラックスさせる効果。ノルアドレナリンやドーパミンによる衝動行動を制御して、コントロールする働きがあるともいわれます。また記憶力や学習能力の向上も期待できるとされています。逆に不足してしまうことで精神のバランスを崩し、不安感が増したり、疲労感や無力感におそわれ、イライラや不眠症状、頭痛や抑うつなどの悪影響が出てしまう可能性があるといわれます。

セロトニンを増やすためには、トリプトファンをたっぷり含む食品と摂ることが大切です。トリプトファンを多く含むのは、牛や豚、カツオ、マグロなどの赤身魚、アーモンドなどのナッツ類、大豆食品や乳製品にも多く含まれています。そしてセロトニンの生成にはビタミンB6が必要で、ナイアシン、マグネシウムからも合成されます。ビタミンB6を含む食品は、ニンニク、マグロ、酒粕、唐辛子、牛や豚レバー。マグネシウムはひじきやワカメの海藻類に多く含まれ、ナイアシンはキノコ類や緑黄色野菜に多く含まれています。ダイエット目的で肉類を食べることを控えてトリプトファンが不足したり、片寄った食生活は心と体のバランスを崩してしまうのです。毎日、きちんと肉類と野菜などの食品をバランス良く摂ることで、体の健康だけでなく心も元気になれるのです。

またセロトニンは、日光を浴びることでも増えるとされています。美味しい肉と食事、適度な日光浴することでも増やすことができるのです。心身ともに疲れたとき、美味しい肉が食べたいと思うのは、とても理にかなったことなのです。元気になりたい、リフレッシュして気持ちを切り替えてたいとき、ジュウジュウと脂がしたたる美味しい肉を食べることで頑張ろうという活力も沸いてくるのです。
こちらも参考になります「ぼんじりとはどこの部位?高カロリー?おすすめ産地&美味しい食べ方