肉の繊維を取り除くことで柔らかくなる

肉の種類はたくさんあります。種類にはそれぞれ部位があり、料理をするときにはレシピに合ったものを選んで調理します。普段はスーパーなどを利用しているという人も、珍しい種類や部位、高級な素材のものを購入したいときは専門店や大型のスーパーを購入することができます。「豚ひき肉を賢く使おう!飲食店で活用できる人気豚ひき肉料理ランキング!」も参考にしたいですね。
牛肉の大腸を仕入れる時の相場は専門店や大型のスーパー、市場などのホームページを利用して確認するといいです。専門店や大型のスーパー、市場などではプロがアドバイスをしてくれるので安心して購入できるのがいいです。

調理をするときにはあらかじめ硬い繊維を取り除くことでおいしく作ることができます。
材料は鶏のむね肉を1枚です。鶏の皮は臭みがあるので剥がしておきましょう。裏返すと筋肉の割れ目があるのでその部分で切り分けます。次に肉の繊維が同じ方向に向いているのがわかるので、繊維の向きを遮るように1センチ弱ぐらいの幅で切り分けていきます。最初に分けた3ブロックをそれぞれの繊維に逆らって切り分けたら出来上がりです。こうすることですごく柔らかく仕上がるのでおすすめです。さらに下味としてサラダ油やごま油などの油分を少し足しておくともっとふっくらとしたジューシーな料理に仕上がります。

鶏のむね肉の揚げないチキン南蛮はおいしいのでおすすめです。
材料は2人分で、皮のない鶏のむね肉600グラム、揉み込む用の砂糖小さじ2、揉み込む用の塩小さじ1、揉み込む用の水大さじ4、小麦粉大さじ2、タレの材料として、小口ネギ30グラム、ニンニクのすりおろしを少々、生姜のすりおろしを少々、小さめの玉ねぎのみじん切りを2分の1個、お酢大さじ1、みりん大さじ4、しょうゆ大さじ4です。
むね肉は繊維を断ち切るようにそぎ切りにして、肉をフォークで刺しておきます。そぎ切りにすることで火が均等に通ります。ビニール袋に入れて、砂糖 塩 水を加えて1分ほど揉み込みます。1分経ったらキッチンペーパーで水気をきります。小麦粉をつけたらフライパンに油を入れて、中火で両面焼き色がつくまで焼きましょう。片面を2分くらいで十分です。火を消してふたをしたら2分ほど蒸します。別の皿に入れてフライパンをきれいにし、フライパンにタレを入れて軽く煮たったら皿に入れてあったものをフライパンに入れて2分ほど煮詰めます。それを皿に盛り付けて出来上がりです。
鶏ももではなくむねの部分なら安いので節約料理としてもいいです。