仙台でランチに肉料理を楽しむ

宮城県は東北地方にある人口232万人ほどの県で、日本有数の米の産地としても知られています。また気仙沼や石巻など多くの漁港があり、水産物の水揚げ量も国内ではトップレベルです。イチゴやナシなどの果物の他に山菜など様々な食材の産地であることから宮城県は食材王国であることを積極的にアピールしています。仙台市は宮城県の県庁所在地で政令指定都市にもなっており、東北地方では最大の規模を誇ります。人口は108万6千人ほどで宮城県内の人口の4割以上が仙台市に集中しています。市内で生産される仙台牛は全国的にも有名です。仙台牛とは品種が黒毛和牛であり、仙台牛生産肥育体系に基づいた管理が行われ、肉質が最高ランクの5に格付けされているという特徴があります。肉質が最高ランクの5に格付けされていないと仙台牛という呼称を名乗ることはできません。同市は宮城県内の大多数の人口が集中している地域なので経済的にも非常に発展しています。業務用食材の卸売業者や専門店、牛肉を始めとする様々な肉料理を提供する飲食店が多数存在します。ビジネスマンやOL、学生も多く存在するためランチに利用される飲食店も様々です。カレーやステーキ、ハンバーグ、焼き肉など名物である牛肉を利用した様々なランチが提供されています。同市内の飲食店が業務用食材を仕入れる場合には一般的に卸売業者に注文することになります。業務用の鶏と仕入れにかかるコストとしては各卸売業者の提示する価格を比較することになりますが、価格は市場の需要と供給によって決定されます。同市は非常に人口が多くランチやディナーなどを提供する飲食店も多数存在します。卸売業者も多いので飲食店も食材を調達しやすい地域です。
地方都市では一般的に人口が少ないため食材に対する需要も少なく、卸売業者や専門店などの数も少なくなります。しかし同市では多数の人口を抱えており、食材に対する需要も大きいという特徴が存在します。国内外から様々な食材が集まるだけでなく牛肉や米などの産地でもあるため、良質な食材が豊富に揃っています。
ビジネスマンやOL、学生などにランチを提供する飲食店も多数存在します。宮城県は食材王国としてアピールを行っていますが、同市はその中心的な地域です。あらゆる食材が全国各地から集まるだけでなく、現地で生産された良質な牛肉や米などを楽しむことができます。市民や通勤・通学する人たちだけでなく、他の県や海外などから訪れる観光客にとっても魅力的な地域です。
参考サイト:国産牛の味を決めるポイントは脂肪交雑と性別をチェック!