肉をステーキとして調理するレシピ

肉にはいろいろな種類があります。その種類によってそれぞれで部位があるので、料理をするときにはレシピにあった種類を選んで購入するといいです。スーパーなどで購入することが多いですが、珍しいものや高級なものなどは専門店がおすすめです。
業務用のアヒルとオススメの通販サイトを利用するときは専門店や大型のスーパーなどを利用するといいです。専門店などにはさまざまな種類の肉、部位を購入することができるところが多いです。なのでネットの通販で購入する人もたくさんいます。アヒルはジビエじゃない?人気アヒル料理4選&絶品ソースレシピも必見です。

肉の料理というとステーキも人気があります。
例えば、柔らかい和風ステーキを作ることもできます。材料は2人分で、ステーキ肉約400グラム、炭酸水または水を適宜、ソース用に玉ねぎ2分の1個、しょうゆ大さじ1、みりん大さじ1、ニンニクのチューブ2センチ、ほかにも塩コショウ、ワサビ、黒コショウなどを用意しておきましょう。
はじめに下ごしらえをします。パックからステーキ肉を出して包丁の背でトントンと叩いて、1センチの格子状に切り込みを薄く入れます。このときフォークで穴を空けておくようにします。次に炭酸水に浸けて30分以上休ませます。冷蔵庫に入れてもいいですが、焼く時に常温になるように早めに取り出しておくことが大切です。焼くときは常温にしておくということを忘れずにしましょう。 ソースを作ります。玉ねぎをすりおろして、ソース用の材料と合わせておきます。フライパンを熱して牛脂を敷きます。十分熱しておくことで肉にしっかり焼き目がつきます。鍋に湯を用意して盛り付け用の皿を乗せ、保温しておきます。皿の上に肉を包むためのアルミホイルを敷きます。

それから強めに塩コショウして火加減は強めの中火にして焼きます。焦げ目が付いたら裏返して大体1分半ほど焼きましょう。そこにソースを入れて蓋をして2分ほど蒸し焼きにします。保温していた皿に肉を取り出してアルミホイルで包みます。そのまま5分休ませておく間にフライパンのソースを煮詰めて塩コショウで味を調えておきます。最後にステーキを刺身のように斜めに切って盛り付けて、ソースをかけ、ワサビを添えます。好みで黒コショウをかけて出来上がりです。
ステーキはいろいろな種類のものがありますが、シンプルにそのまま焼いてしまうほうがおいしいという人も、蒸し焼きにしたほうがおいしいという人もいます。種類や部位によっても違いがあるのでその種類や部位にあったレシピを探して作ってみるといいです。